『訂正ノート』について

諫早本校 杉島 圭

適性問題対策の授業において、多くの生徒は解説を聞いた直後はその問題を理解できた気持ちになります。これを完全な理解、長期的な記憶に昇華させるものが『訂正ノート』です。 簡単に言うと復習を確実に行いましょう、ということです。解く(宿題)→解説を聞く(授業)→『訂正ノート』(復習)→確実に理解する、という習慣を定着させます。自分が授業中に書いたノートを参考にして、もう一度同じ問題を解き直します。当然、答えだけでなく式も書き、さらに、解くためのポイントや間違いやすい注意点も必ず書きます。このように一度解いた問題と再度向き合うことで、答えが出るまでの過程を頭に入れていきます。後で類似の問題が出てきたときに対応できなければ、勉強している効果があるとは言えません。適性問題の出題分野は多岐にわたりますが、問題文から必要な情報を見つけ、正解までたどり着くということは共通しています。『訂正ノート』を通して頭の中にその過程を覚えていきます。

ある生徒はノートを書くことに慣れてくると、自分でキャラクター(簡単に短時間で書ける)をつくりそのキャラクターが吹き出しでポイントを教えてくれるような書き方をしていました。その見た目は自作の教科書のような印象です。『訂正ノート』を授業用のノートを写すだけのものとして考えていればこのようなアイデアは出てきません。その生徒が真剣にやり直しに向き合った結果だと言えます。もともときちんとしたノートが書けている生徒でしたが、それからは更に前向きに楽しく取り組めているようでした。また別の生徒は授業で森林の減少について学んだ後、自分でその他の環境問題を調べて簡単にまとめていました。授業で直接取り扱ったものだけでなく、それをきっかけとして学びを広げていく姿勢は、諫早附属中で求められている自主性そのものだと感じます。

『訂正ノート』のもう1つの役割が、ノートを通しての質問です。授業中なかなか手を挙げて質問ができない。家で『訂正ノート』を書いていてよく分からなくなった。そんな時にノートに質問を書いて提出してもらっています。「ここの考え方が分かりません。」「この書き方ではダメですか。」といった形で質問を書いてもらいます。生徒から集めた『訂正ノート』には質問への返答やコメントを書いて返します。

ある生徒が「これから私は何をすればいいですか。」と質問というよりも相談に近いことを書いてきたことがあります。これは、努力はしているのに適性の点数がなかなか伸びないその子の苦しい気持ちそのものだったと感じます。私はノートに今後やるべきことを書き、ノートを返す時に励ましの言葉をかけました。結果、彼女は本番の適性検査では高得点をとり合格しました。これは彼女の強い意志が勝ち取った合格でした。

以上のことから『訂正ノート』の充実が受験合格の鍵になると私は考えています。