適性検査に必要な力をつけるために

諫早本校 髙見 信平

適性検査においては、適性問題特有の考え方や解法で問題を解く力が求められます。もちろん、学校で習う各科目の基本的な知識や解き方が土台になるのは言うまでもありません。適性問題特有の考え方や解法については、多くの適性問題に触れる中で、どんどん吸収していく必要があります。そのための道具となるのが「訂正ノート」です。

まず、授業で先生の解説を聞きながら、授業用ノートに板書を写します。今度は自宅で授業用ノートを見ながら、訂正ノートに解き方をまとめます。授業用ノートに写した解説を、自宅で訂正ノートに清書する流れです。ただし、訂正ノートに解き方をまとめる際は、授業用ノートの内容をきれいに写すだけのコピー作業にならないようにします。問題の解き方を理解して覚えることが目的なので、理解しながら訂正ノートに解き方をまとめていきます。ある合格した生徒は解き方のポイントや注意点を自分で作ったキャラクターに吹き出しの中で言わせることで、要点をまとめていました。勉強をがんばれるようなちょっとした遊び心もあり、質の高い訂正ノートを作っていました。

訂正ノートに解き方をまとめた後は、問題を解き直します。「解き直し」は、解けなかった問題を何も見ずに自分の力だけで解くことです。理解して覚えた解き方を実際に使って問題を解けるようにするのが目的です。この解き直しを妥協せずに自分の力だけでできるようになるまでやると、解き方がしっかりと定着していきます。ある合格した生徒はすぐに解き直しをするだけではなく時間を置いてからもう一度解き直しをして、解き方を忘れそうな頃に、思い出して解く練習もしていました。

以上のことをすべて実践するのは、なかなか大変です。しかし、合格した子の多くがこれらのことを忍耐強く実践していました。ある合格した生徒は入試前に伸び悩んでいましたが、最後まであきらめずに、日曜日は図書館で一日中訂正ノートに打ち込みました。訂正ノートを通して、適性問題の考え方や解き方を理解することが合格につながっていくと考えています。